平牧三元豚の生産者の思いとその美味しさを発信します!

平牧三元豚の生産者「平田牧場」の思い「いちばん丁寧なブランドになろう」

 

カフェ セミニョンでは、平牧三元豚を使った「平田牧場三元豚ランチ」が自慢です。

平牧三元豚で作った生姜焼きとハンバーグ

カフェなのに生姜焼き?の声もありましたが、ワンプレートの生姜焼きはおしゃれで女性にも大人気

豚肉100%で作るハンバーグ、ハンバーグなのに豚肉?と思った方へ食べてみてわかる美味しさです。

ジューシーでとてもやわらかく、ソースも週ごと変えてお出ししています。

先週は、チーズののったイタリアンハンバーグ、今週はきのこソースです。

 

なぜ、私たちが「平牧三元豚ランチ」をセミニョンの自慢にしようと思ったか

生活クラブの提携生産者ということもありますが私たち自身が、平田牧場の企業理念に感動したからです。

平田牧場のホームページにこんな言葉が書かれています。

「丁寧なブランドになろう」

いのちを丁寧に

自然を丁寧に

おいしさを丁寧に

 

ごはんの前の“いただきます”。

動物や植物のいのちに感謝して、
じぶんのいのちの一部にする。
ほかの国のコトバには
翻訳できない、
そんなすてきな考え方が、
日本の食文化の中に息づいています。

私たち平田牧場は、品種開発や子豚生産、肥育から
加工・流通・販売に至るまで、すべて自社で行っている会社です。
いのちを扱い育む仕事ですから、
手間をかけてすべての仕事をひとつひとつ丁寧にします。
毎日の食卓を通じてお客様一人ひとりの健康に関わる仕事ですから、
効率を優先した近道は決して選びません。
50年以上、そうやって一歩一歩、あゆんできました。

日本でいちばん、いや、世界でいちばんの丁寧をめざそう。
いのちに感謝する日本の食のDNAを受け継いで、
いちばん丁寧にいのちと向き合うブランドになろう。

これまでも、これからも。
平田牧場の変わらない想いです。

こんな素敵な思いを持った生産者が育てた豚肉をお料理し、もっと多くの方に食べてもらいたい

本当に美味しい豚肉の味を味わってもらいたい

そして、生産者の思いも届けたい

カフェ セミニョンから、平田牧場の変わらぬ思いを、お料理とともに発信していきます。

 

 

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP