コーヒー豆知識 コーヒー豆の種類

こんにちは、セミニョン隠れキャラのイチローです
今回はコーヒー豆について少々^^

  コーヒー豆っていったい何?

みなさんコーヒー豆が一体どういうモノなのか説明できますか?

コーヒー豆は、コーヒーチェリーと言われる、果実の種なのです。

百聞は一見にしかずと言いますね!これです。

そして、このコーヒーチェリーが収穫され、乾燥されて、種をとり出すことで、よく見かけるコーヒー豆の形になります。

そして、白いコーヒー豆を焙煎する事で、おなじみの茶色に輝くコーヒー豆になります

簡単に説明しますと、赤い木の実の種を干して、焼き焦がしたものです。

そしてこれを、粉に挽いて煎じた液体がコーヒー飲料です(笑)

 

  コーヒーの三大種

コーヒーには大きく分けて「アラビカ種」「ロブスタ種」「リベリカ種」の3種類に分類され、「コーヒー三大原種」とも呼ばれます。

アラビカ種
風味や香りがとても良く、コーヒー豆としての品質に優れており、世界で生産されている全コーヒー量の70%以上を占めているといわれています、最近では品種改良が進んだことで、日本のお米のように多種多様になり、質の高い銘柄が増えてきています。

ロブスタ種
アラビカ種に比べ、成長も早く病気にも強い、そして安価で収穫量も多いので生産性に優れています。ロブスタ種は独特の香りと苦味が強く(きつく)、ストレートで飲むには不向きです、しかし、他の種に適量混ぜて使用することで、苦みや香りといったコクを強調させることができるため、重要な引き立て役として存在しています。又、インスタントコーヒーやアイスコーヒー用として用いられます。

リベリカ種
コーヒー三大原種とは言われているものの、世界全体のコーヒー流通量の1%にも満たないなじみのない品種です。病気や栽培地などの環境には強いものの、大木になるため、成長に時間がかかり収穫にも手間がかかります。主な栽培地はアフリカ西部とアジアの南部です。ヨーロッパに出荷される事が多く、日本で見ることはあまりありません。

 

  コーヒーの有名銘柄と特徴

 弱い 1・2・3・4 強い

品名 産地 苦味 酸味
メキシコ メキシコ産  3  1
グァテマラ グァテマラ産  3  3
ブルーマウンテン ジャマイカ産  1  3
クリスタルマウンテン キューバ産  1  1
コスタリカ コスタリカ産  2  3
コロンビア コロンビア産  3  4
ベネズエラ ベネズエラ産  1  3
品名 産地 苦味 酸味
ハワイ・コナ ハワイ産  1  4
モカ イエメン・エチオピア産  4  3
マンデリン インドネシア産  4  2
ブラジル ブラジル産  2  3
ジャワ インドネシア産  3  1
キリマンジャロ タンザニア産  3  2
ケニア ケニア産  4  3

 

   セミニョンのコーヒーはバランスのとれたブラジル産の「森のコーヒー」

 

「森のコーヒー」は農薬・化学肥料を使用せずに栽培している、ブラジルの特定農園からやってきます。

「森のコーヒー」は未熟な豆を完全に除去し、完熟したコーヒーチェリーのみを使っています。

「森のコーヒー」は香りがとても良く、又、酸味と苦味がとてもバランスよく仕上がっています。

 

とにかく一度 飲んでみてください^^

 

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP