コーヒー豆知識 癌との関係

みなさんこんにちは^^
セミニョンのお手伝い役のイチローです
最近コーヒーは飲んでいらっしゃいますか?

  コーヒーをよく飲んでいる人は肝がんの発生率が低い?

今回はコーヒーと癌との関係を少しお話します

国立がん研究センターの発表によると、コーヒーを毎日飲む人は、飲まない人に比べて肝がんになる確率が低いという報告がされています。以前は「コーヒーは体に毒」「発がん性がある」などとマイナスイメージを与えていたこともありましたが、今は違います、更には子宮体がんを予防する可能性もある、とのことです。

統計によりますと、コーヒーを全く飲まない人を1としたとき、コーヒーを毎日数杯飲んでいる人の肝がん発生率が 0.5となっています。そして驚くことに、飲めば飲むほどこの数値は低くなっていきます。(飲みすぎると、他に弊害を及ぼす可能性がありますので、注意が必要です)

その具体的な理由はまだ明らかではありませんが、緑茶では抗がん効果がほとんど見られなかったため、カフェインは関係せず、コーヒーの他の成分の作用だということが結果として発表されています。

コーヒーには炎症を和らげる作用があるらしく、肝炎の進行を防ぐことによって、肝がんを予防できるのではないかと考えられています。また、コーヒーの成分にはクロロゲン酸をはじめとするたくさんの抗酸化物質が含まれており、動物実験によると、これらが肝臓のがん化を防御しているという報告がされています。

日本人の2分の1は癌にかかるといわれています、若い頃には癌には無縁かもしれませんが、コーヒーを飲むことだけで、肝がんの予防になることは「ほぼ確実」です。子宮体がんについても抑制できる可能性が発表されています。

  コーヒーをよく飲む人ほど肝臓がんにかかりにくいという事です

セミニョンでは身体のことを第一に考え、自然豊かなブラジル産の「森のコーヒ」を提供しております。

  • 自然な甘さと酸味を味わえる「完熟豆」を使用しています。
  • 森のコーヒーは、ブラジルの特定契約農家から「直接買い付け」しています。
  • ブラジルの中でも特にこだわりを持ち「無農薬・無化学肥料」で生産しています。
  • 自然な豆の風味を守るため、収穫後は天日乾燥を取り入れています。
  • 豆の焙煎は日本にコーヒーを紹介した、カフェパウリスタが良質な豆の風味を生かす伝統の技法で行います。

是非一度、「森のコーヒー」をお楽しみください。

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP